ニコニコ動画とは?

スポンサード リンク


概要

ニコニコ動画は、動画にテロップとしてコメントを多人数で書き込めるサービス。株式会社ニワンゴが運営している。動画データはサービス当初「Youtube」「Ameba Vision」のAPIデータが使用されていた。

元々はドワンゴが提供する携帯電話向けの音声·画像ストリーミングサービス「パケラジ」の次世代バージョンの開発途上で派生、開発されたサービス。コンセプトやサービスの設計には、2ちゃんねる管理人の西村博之氏が参加している。

コンセプトは西村博之氏曰く「ユーザー同士でコメントすることによって、面白くないものを面白いものに変えられるというのが、サービスの価値かな」

技術背景としてビデオブログが書けるビデオ配信サービスProject Synvieが挙げられる例が多い。

動画ランキング上位には、アニメ、ゲーム、自主制作ビデオが多く独自の文化を形成している。
普通の動画サイトとの違いは

「ツッコミ」を入れて面白くなる動画

「空耳ネタ」を入れて面白い動画

放送対応で無いため普通は見れない動画

が上位に来る傾向にある。

しかしRCに入ると

素人の歌った動画
アニメ
zip配布

などの動画しか上位に来なくなった。

自画自賛·自己満足に過ぎないと揶揄されているニコニコ動画 開発者ブログの投稿者が、昔話として投稿されていた記事内容や、株式会社ユビキタスエンタテインメント社長である清水亮氏の過去のブログで川上量生氏から依頼を受けたという発言から、
株式会社ニワンゴの親会社である株式会社ドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏によるものと判明した。

ニコニコ動画の統括は、ドワンゴ会長である川上量生氏によるものと各種記事や関係者の発言から判明しているが、本人は世間の目を気にしてか、公の場にでてこない。

ニコニコ動画(RC)よりニコニコプレミアムという有料会員制度が設けられた。

最近は公式アニメが用意されるが、テレビ放送のまね事をしたいのか、何故か放送時間制限をかけたりして、ニコニコの基本を内部から破壊するという迷走ぶりを露呈している。

国際ニコニコ映画祭では、暴力的作品を大賞にして批判を浴びるなど、一般ユーザーとの温度差·運営レベルの低さに批判もある。

クリプトン伊藤とドワンゴミュージックパブリッシングとのblog批判合戦が行われているが、ドワンゴ側のblogは過去の開発者blogの文体、句読点の付け方、癖、執筆者の名前を書かないことから、掲示板上ではドワンゴトップの川上量生に間違いないと言われている。
いわば最高経営者通しの戦いになっている。
しかし、ドワンゴblogはユーザーを上から目線で扱うため、支持を得られず、ユーザー離れを引き起こしている。

歴史

  • 2006年12月12日

    ニコニコ動画(仮) 実験サービスとしてスタート

    ニワンゴのサービスであったが実験段階のため関係は伏せていた。

  • 2006年12月13日

    西村博之氏の日記で紹介され、爆発的にアクセス数を増やす。
    2007年1月5日

    実験サービス終了がアナウンスされるが、1月15日すんなりとベータサービスに移行。

  • 2007年1月15日

    ニコニコ動画(β)開始

  • 2007年1月23日

    総計100万コメント突破。

  • 2007年1月30日

    1日あたりのPV400万を突破。メディアで取り上げられる様になる。

  • 2007年2月6日

    一月の月間PVが1億を突破していたことが判明。

  • 2007年2月8日

    1000万コメント突破。

  • 2007年2月20日

    フォト蔵対応

  • 2007年2月22日

    DDoS攻撃によりサービス停止。同時にYoutubeからもアクセス制限を受けていた事が判明

  • 2007年2月24日

    1週間後に新サービスを再開するとのアナウンスが入る。

  • 2007年3月1日

    ニコニコ動画(γ)として新サービスを再開する予定とのアナウンス。

    動画投稿サイト「SMILE」を自前立ち上げ。「SMILE」「Ameba Vision」「フォト蔵」で動画データを提供していくことになる。Youtubeとは正式に許諾を得ない限り使用しない方針。

参照元

ニコwikiサイト内検索
カスタム検索
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS  ニコニコ関連記事のRSS 
Last-modified: 2008-03-24 (月) 08:36:06 (4956d) Site admin: takechan
Powered by はてなウェブサービス SimpleAPI