スポンサード リンク

SIZE(30){''エンコード設定''}

当ページは、動画を投稿(アップロード)する際の変換、及び画質・音質の調整方法に関する基本的な情報をまとめています。

書き手や引用元が異なるため統一できませんが、「エンコード」「エンコ」「変換」は基本的にどれも同じ意味です。また、「アップロード者」「うp主(うぷぬし)」「投稿者」も同じ意味です。
書き手や引用元が異なるため統一できませんが、「エンコード」「エンコ」「変換」は基本的にどれも同じ意味です。

----
''目次''
#contents
----

*ニコニコ動画(SMILEVIDEO)の仕様について [#cd3d810c]
まずはニコニコ動画の特徴・仕様を知ろう。
*ニコニコ動画の仕様について [#cd3d810c]
**公式の投稿仕様 [#z4fad6c2]
- 公式情報:[[ニコニコ動画の投稿仕様について - ニコニコヘルプ:http://qa.nicovideo.jp/faq/show/5685]]

**2010/10/29より [#y2fdc2e3]
ニコニコ動画(原宿)へのバージョンアップと同時に、SMILEVIDEOがニコニコ動画側に統合され、サービス終了となりました。仕様はほとんど変わっておらず、ただ単にニコ動内でSMILEVIDEOの機能が使えるようになったような形となっています。
- 参考リンク:[[1.5GB再エンコード問題とは - ニコニコ大百科:http://dic.nicovideo.jp/a/1.5gb%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C]]

**2010/7/7より(一般会員は7/14より) [#c782aa5e]
2010/7/7より16:9動画に最適な表示モードに切り替えられる新プレーヤーがプレミアム会員向けに先行導入。7/14より一般会員にも導入。
SMILEVIDEOの仕様は変わってないが、16:9動画が以前より大きく表示されるため、これまで512x288のサイズで16:9動画をアップロードしていた人は、以下赤字部分を参考にして設定を変更したほうが良いと思います。
||CENTER:|CENTER:|c
||一般会員|プレミアム会員|h
|対応動画フォーマット|>|FLV/MP4/DivX/XviD/&br;MPEG1/MPEG2/WMVなど&br;(再エンコの基準は違うので注意)|
|ディスク容量|2GB|8GB+プレミアム会員継続月数x1GB|
|1ファイルあたりのアップロード可能サイズ|FLV ~40MB&br;MP4 ~40MB&br;他の形式 ~100MB|100MB|
|FLV及びMP4のビットレート上限(公式)|600kbps|制限無し|
|アップロード可能解像度|800x600以内|制限無し|
|プレーヤーの解像度|>|512x384(4:3プレーヤー), &color(red){640x384(16:9プレーヤー, 正確には15:9比率)};|
|アップロード最適解像度|>|512x384(4:3),&color(red){ 640x360(16:9),640x384(15:9)+上下12ドットづつの黒塗り付加で16:9化};|
**なるべく綺麗に投稿する方法を手っ取り早く理解したい人向けの説明 [#xe703d13]
以下の条件を満たして投稿しましょう。(2018/6/28時点)
+動画の時間は30分以内
+ファイルサイズは3GB以内
+映像はH.264、解像度は1920x1080、フレームレートは60fps以下、ビットレートは6Mbps以上
+音声はAAC、2ch、44.1または48kHz、ビットレートは200kbps以上

以下の補足説明はSMILEVIDEO側で再エンコード(後述)されずに投稿することが出来る、FLVもしくはMP4(H.264)形式の動画を投稿する場合のものである。
-動画サイズ
--4:3比率の動画を投稿したい場合 … 4:3の動画プレーヤーの表示領域は512x384ピクセルのため、投稿する動画もそれと同じ「512x384」にするのが最適である。なお、それ以外の解像度で投稿してもプレーヤーのサイズ(512x384)内で最適に表示されるように自動的に拡大・縮小されるので、640x480や800x600などのようなサイズで投稿しても良い。動画投稿時に動画の縦横比を選択する項目があるので、「スタンダード(4:3)」を選ぶのを忘れずに。
--16:9比率の動画を投稿したい場合 … 16:9の動画プレーヤーの表示領域は640x384ピクセルとなっており、計算すればわかるが15:9の比率となっている。そのため16:9の動画をアップロードをする場合、動画サイズを640x384とし上下に12ドットづつ黒塗りを入れ、画像部分が640x360となるようにしてアップロードするか(この場合は640x384動画としてアップロードされる)、もしくは、サイズを640x360とした上でニコニコ動画にアップロードする(この場合、640x360動画としてアップロードされるが、ニコニコ動画側で自動的に上下12ドットづつの黒塗りが付加される)。4:3動画同様にこれ以外のサイズで投稿した場合は、自動的に拡大・縮小処理がニコニコ動画側で行われる。なお640x360ドットは、ソフトやエンコーダによって指定できない場合があり、その場合は、上述した通り640x384ドットを選択した上で上下に12ドットづつの黒塗りをいれるか、近いサイズ(704x396、640x368など)を選択するなどで対処する。プレミアム会員の場合は、投稿できるサイズの制限がないため1280x720や1920x1080といったHDサイズの動画も投稿可能だが、同時に要求されるビットレートも高めになり、低スペックPCを使っている視聴者に対して厳しい動画になってしまうため、注意が必要である。動画投稿時に動画の縦横比を選択する項目があるので、「ワイド(16:9)」を選ぶのを忘れずに。
※なお、現在のサムネイルは15:9の動画でも「640x360」(16:9)で表示されるようになっています。(2011.03.27編集)
※640x384(15:9)で投稿した場合、サムネイルもエコノミー動画も16:9で生成されます。&br;  したがってサムネイルやエコノミー動画は縦方向に少し押しつぶされた感じになります。
-ビットレート
--プレミアム会員 … ビットレート制限がないため、ビットレートを高めにして高画質・高音質動画を作成することが可能だが、ビットレートを上げすぎると低スペックのPCを使っている視聴者が快適に見ることができなくなってしまうため、上げすぎに注意が必要である。512x384のサイズの動画ならビットレートは1000kbpsもあれば十分高画質になる。
--一般会員 … 映像と音声を合わせたビットレートが600kbps以内になるようにする必要がある。それを超えた場合は、投稿エラーとなる。
-動画容量
--プレミアム会員は100MBまで、一般会員は40MBまでの動画を投稿することが出来る。それを超えた場合は、投稿エラーとなる。
※上記条件を満たす形でなるべく高画質・高音質で投稿するのが基本ですが、映像は最大6Mbps、音声は最大192kbpsで
 再エンコードされるので、複雑で動きの激しい映像などは劣化が目立ってしまう可能性もあります。

**2009/10/29メンテナンス終了後~ [#j2983180]
赤文字が以前との変更箇所。
||CENTER:|CENTER:|c
||一般会員|プレミアム会員|h
|対応動画フォーマット|>|FLV/MP4/DivX/XviD/&br;MPEG1/MPEG2/WMVなど&br;(再エンコの基準は違うので注意)|
|ディスク容量|2GB|8GB|
|1ファイルあたりのアップロード可能サイズ|FLV ~40MB&br;MP4 ~40MB&br;(拡張子をavi等に偽装することで100MBまで可能)&br;他の形式 ~100MB|100MB|
|FLV及びMP4のビットレート上限(公式)|600kbps|&color(red){制限無し};|
|アップロード可能解像度|800x600以内|&color(red){制限無し};|
|プレーヤーの解像度|>|512x384|
|アップロード最適解像度|>|512x384(4:3), 512x288(16:9)|
**最新の仕様(2016/8/18~) [#d6da8a29]

**2009/10/29メンテナンス以前 [#fbbcebaf]
||CENTER:|CENTER:|c
||一般会員|プレミアム会員|h
|対応動画フォーマット|>|FLV/MP4/DivX/XviD/&br;MPEG1/MPEG2/WMVなど&br;(再エンコの基準は違うので注意)|
|ディスク容量|2GB|8GB|
|1ファイルあたりのアップロード可能サイズ|FLV ~40MB&br;MP4 ~40MB&br;他の形式 ~100MB|100MB|
|FLV及びMP4のビットレート上限(公式)|600kbps|1000kbps|
|アップロード可能解像度|>|800x600以内|
|プレーヤーの解像度|>|512x384|
|アップロード最適解像度|>|512x384(4:3), 512x288(16:9)|
- 2016/8/18以前はSMILEサーバーが運用されており、40MBまたは100MB以内で条件を守って投稿すれば
投稿したファイルそのものを視聴者に見てもらうことができた。

**再エンコード [#fe0ad87d]
指定の形式でアップロードした場合は、アップロード者品質の動画(SMILEVIDEO側で再エンコードされない動画)になります。指定の形式の詳細は、以下の表を参考にして下さい。
//
||CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|>|>|>|>|再エンコを回避できる動画の条件(2010年8月現在)|h
|>|コンテナ(ファイル形式)|FLV&br;(FLV1)|FLV&br;(FLV4)|MP4|
|>|映像コーデック|Sorenson H.263|On2 VP6|H.264 AVC&br;(MPEG-4 Part 10 AVC)|
|映像の解像度|プレミアム会員|>|>|無制限|
|~|一般会員|>|>|800x600以内|
|>|映像のフレームレート|>|>|0.33fps~120fps|
|>|音声コーデック|>|MP3|AAC-LC&br;HE-AAC&br;HE-AACv2|
|>|音声のサンプリングレート|>|&color(red){22kHzまたは44.1kHzのみ};|48kHz以下|
|ファイル容量(映像+音声)|プレミアム会員|>|>|100MB以下|
|~|一般会員|>|>|40MB(40*1024=40960KB)以下|
|平均ビットレート(映像+音声)|プレミアム会員|>|>|無制限|
|~|一般会員|>|>|656384bps以下|
//
- 2016/8/18以降は新たにDMC(Dwango Media Cluster)サーバーが運用開始となり、
''ユーザーが投稿した動画は必ずサーバー側で複数の画質に再エンコードされた上で視聴者に公開されるようになった。''
詳細は以下の画質や音質に関する説明を参照。

-上記形式以外の動画は、SMILEVIDEO仕様でエンコード、つまり再エンコされます。
- ''投稿動画のファイルサイズは最大3GBまで。''

-一般会員の場合は、プレミアム会員の条件しか満たさない動画でも、再エンコもしくは拒否されます。
-- 2016/8/18の新仕様開始当初は1.5GBが上限だったが、[[2018年3月29日から最大3GBとなった:http://blog.nicovideo.jp/niconews/68934.html]]。

-%%音声なしの動画も問答無用で再エンコされるようです(2008/05/27現在)。対処法は適当な無音MP3を入れるなど。%%FLVは無音でもアップロード可能だが無音MP4は再エンコ(2009/5/31現在)。
- プレミアム会員は動画投稿数の上限は無い。

-再エンコ後の動画の形式は以下の通り。2010年8月26日に再エンコ後の動画形式が変更され、若干だが画質・音質がアップした。
- 一般会員の動画投稿数の上限は50動画まで。

||CENTER:|CENTER:|c
|>|動画投稿日|2010年8月26日以降|2010年8月25日以前|h
|>|映像形式|MP4(H.264)|FLV(On2 VP6)|
|>|音声形式|AAC-LC|MP3|
|映像の解像度|4:3動画|>|320x240|
|~|16:9動画|>|352x200|
|>|ビットレート|>|約300kbps(映像230~240kbps程度+音声64kbps)|
- プレミアム会員と一般会員の再エンコード条件は同一なので、「プレミアム会員の方がより綺麗に投稿できる」ということはない。

-ニコニコ動画の表示画面解像度は512x384もしくは640x368なので、再エンコされた動画は拡大されて粗く表示されます。

-アップロード可能最小サイズはFLVでは8x8、MP4では16x16(2009/5/31現在)。
*** 画質について [#hfc0206c]

-ステレオ、モノラルの他に5.1chのAACを含むMP4もそのままアップロード可能(Flash Playerの仕様上、再生時には2chになります。)(2008/09/30現在)
- 再エンコードの画質クラスについて
上で述べた通り、ユーザーが投稿した動画は必ずサーバー側で[[H.264/AVC:https://ja.wikipedia.org/wiki/H.264]]で再エンコードされる。
再エンコードでは、''「フルHD画質(1080p)」「高画質(720p)」「中画質(480p)」「低画質(360p)」「モバイル向け画質(360p)」''の最大5種類の動画が生成される。
(以降、これらを「画質クラス」と呼ぶこととする)
このうち「低画質」「モバイル向け画質」は必ず生成されるが、その他3つは以下の条件を全て満たす場合のみ生成される。

-再エンコされない動画でも、以下の条件を満たすものは、エコノミーモード用の低画質動画が投稿時に生成されます。低画質動画は、エコノミーモードが適用されているときのみ再生されます。
--映像コーデックがVP6で、平均ビットレートが 313.00 kbps以上のもの。
--映像コーデックがH.264、平均ビットレートが %%245.78%% 312.32 kbps以上のもの。(詳細時期は不明ですが2011年1月下旬時点で許容ビットレート245kbpsよりも上がったことが確認されています)
-%%エコノミー用動画は投稿したファイル形式がFLV/MP4のどちらであってもFLV形式の動画が生成されます。エコノミー用動画の設定はおおよそ以下のようになっています(再エンコ動画と同じ)。%%
 %%映像: VP6, 320x240(4:3) 352x200(16:9), 約240kbps, フレームレートそのまま%%
 %%音声: MP3, 64kbps, 44.1kHz%%
%%エコノミーでカクカクするのはVP6のTemporal Resamplingを有効にしているためと思われます。動きの激しい場面でヌルフレームを挿入し実質フレームレートを下げて画質を稼ぐことができる反面動きがぎこちなくなります。%%(2010/08/26以降仕様変更されました)
- 各画質クラスの生成条件
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|LEFT:|c
|画質クラス|動画長|解像度|>|>|条件を満たす最小解像度例|CENTER:備考|h
|~|~|~|4:3|16:9|16:10|~|
|フルHD画質|30分以下|幅1920px以上または高さ1080px以上|1440×1080|1920×1080|1728×1080||
|高画質|30分以下|幅1280px以上または高さ720px以上|960×720|1280×720|1152×720||
|中画質|30分以下|幅854px以上または高さ480px以上|640×480|853.3…×480|768×480||
|%%低画質%%|%%60分以下%%|%%幅640px以上または高さ360px以上%%|%%480×360%%|%%640×360%%|%%576×360%%|2019/01/22に解除|
// 条件が「幅W以上または高さH以上」、目的のアス比がX:Yのとき、最小解像度は
// - 幅   = min(W, H*X/Y)
// - 高さ = min(H, W*Y/X)

-%%mp4のエコノミーモードの動画も同様のflvです。システムタブのおしらせに「mp4動画を再生します。」と表示されますが嘘です。%%(2010/08/26以降仕様変更されました)
※投稿ファイルが ''「動画長」「解像度」の両方の条件を満たす必要がある。''
 (例) 動画長20分・''幅1280px高さ720px''の動画は、「幅1920px以上または高さ1080px以上」という''条件を満たしていない''ので、''「フルHD画質」は生成されず''、「高画質」以下の画質のみ生成される。
※動画長の「30分以下」は実際には「31分未満」。30分59秒でも条件を満たす。
※一般会員の[[低画質モード:http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%BD%8E%E7%94%BB%E8%B3%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89]]時には「低画質」の動画が使われる。
※ 「高画質」の動画長の条件は、[[2017/5/24に「15分以下」から「30分以下」に変更された:http://blog.nicovideo.jp/niconews/24412.html]]。
※ 2017/12/11にプレミアム会員限定で[[「1080p画質」のテスト運用が始まった:http://blog.nicovideo.jp/niconews/54740.html]]。
※ 2018年1月18日以降、[[一般会員もフルHD画質の動画を投稿可能になった:http://blog.nicovideo.jp/niconews/59587.html]]。
※ [[「フルHD画質」の動画長の条件は、2018/3/29に「15分以下」から「30分以下」に変更された:http://blog.nicovideo.jp/niconews/68934.html]]。
※当初は[[「映像ビットレート」の条件:https://web.archive.org/web/20180428165907/http://qa.nicovideo.jp/faq/show/5685?site_domain=default]]もあり、それを満たさないと勝手に解像度が下げられるという問題があったが、2018/6/28の[[ニコニコ動画(く):http://blog.nicovideo.jp/niconews/77168.html]]の開始に伴い、[[この条件は削除された。:http://blog.nicovideo.jp/niconews/78750.html]]

-エコノミー用動画は投稿したファイル形式がFLV/MP4のどちらであってもMP4形式の動画が生成されます。エコノミー用動画の設定はおおよそ以下のようになっています(再エンコ動画と同じ)。
 映像: H.264, 320x240(4:3) 352x200(16:9), 約240kbps, フレームレートそのまま
 音声: AAC-LC, 64kbps, サンプリングレートそのまま
H.264を使用していても、圧縮率は非常に高いものに設定されているため、画質はそれほどよくはありません。
エコノミー用のMP4のプロファイルは何度か変更されており、わかっている限りでは
  2010/08/26~ Baselineプロファイル
  2010/11/24~ Mainプロファイル
  2011/08/11~ Baselineプロファイル
となっています。

----
- 各画質クラスの再エンコード概要
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|画質クラス|フレームレート|画面サイズ|最長動画長|h
|フルHD画質|60fps以下|1920x1080|30分|
|高画質|60fps以下|1280x720|30分|
|中画質|60fps以下|854x480|30分|
|低画質|30fps以下|640x360|6時間|
|モバイル向け|30fps以下|640x360または480x360|6時間|

*各コーデックの仕様 [#d7fe43a9]
動画にはさまざまな圧縮フォーマットがあり、それぞれ大きく性質が異なります。用途ごとに使い分けることによって、エンコードを効率化・高画質化できます。
(※マークのついたコーデックはニコニコ動画では非対応。)
※ [[2019/01/22に動画の再エンコードルールが変更:http://blog.nicovideo.jp/niconews/99566.html]]され、品質基準エンコードが導入された。また、540p, 480p, 360pが混在していた「中画質」の解像度が480pに統一された(ただし、ルール変更後に投稿された動画に限る)。
※ 画面サイズは解像度を決定する際の基準となる数値である。元動画のアスペクト比を維持したまま、画面サイズに収まるように縦横が調整される。

**映像 [#ybf5f902]
-Sorenson H.263(.flv)
--FLVコンテナでSMILEVIDEOに再エンコなしでアップできる(制限あり)。
--以前YouTubeで一般的だった形式。
--VP6よりも速くエンコードできるが、動きに弱い。

-On2VP6(.flv)
--FLVコンテナでSMILEVIDEOに再エンコなしでアップできる(制限あり)。
--当初はニコ動で最も一般的な形式だった。
--H.263よりも動きに強く、高画質が望める。
--ただ、他のコーデックよりもエンコード時間がかなり長いので注意。
- 各画質クラスの再エンコードの詳細説明
-- フルHD画質 (1080p)
--- 元動画のフレームレートが''60fpsを越える場合、60fpsになる''。60fps以下の場合、そのfpsが採用される。
--- 元動画の縦横サイズが幅1920px高さ1080pxを越える場合、''アスペクト比を維持したまま、幅1920px高さ1080pxに収まるように縮小される''。
-- 高画質 (720p)
--- 元動画のフレームレートが''60fpsを越える場合、60fpsになる''。60fps以下の場合、そのfpsが採用される。
--- 元動画の縦横サイズが幅1280px高さ720pxを越える場合、''アスペクト比を維持したまま、幅1280px高さ720pxに収まるように縮小される''。
-- 中画質 (480p)
--- 元動画のフレームレートが''60fpsを越える場合、60fpsになる''。60fps以下の場合、そのfpsが採用される。
--- 元動画の縦横サイズが幅854px高さ480pxを越える場合、''アスペクト比を維持したまま、幅854px高さ480pxに収まるように縮小される''。
-- 低画質 (360p)
--- 元動画のフレームレートが''30fpsを越える場合、30fpsになる''。30fps以下の場合、そのfpsが採用される。
--- 元動画の縦横サイズが幅640px高さ360pxを越える場合、''アスペクト比を維持したまま、幅640px高さ360pxに収まるように縮小される''。
-- モバイル向け画質 (360p)
--- 元動画のフレームレートが''30fpsを越える場合、30fpsになる''。30fps以下の場合、そのfpsが採用される。
--- 元動画の縦横サイズが''16:9に近ければ、アスペクト比を維持したまま幅640px高さ360px''になるように拡大・縮小される。''それ以外の場合は、アスペクト比を維持したまま幅480px高さ360px''になるように拡大・縮小される。
--- 「モバイル向け」のみ、拡縮時に余った部分が黒で塗りつぶされる。

-AVC/H.264(.MP4)
--MP4コンテナでSMILEVIDEOに再エンコなしでアップできる(制限あり)。
--携帯サイズからスーパーハイビジョンにまで対応している注目のフォーマット。VP6よりも高圧縮で高画質が望める。
--ニコ動で最も一般的な形式。
--低スペックのPCでは再生時に重くなる(baselineプロファイルの場合は軽いが、それでもVP6に比べればある程度重い)。

-Divx(.divx .div .avi)
--広く普及している高画質・高圧縮フォーマット。かつてのStage6の動画の形式。
- 色情報とYUVレンジについて
-- 当初は再エンコードされたファイルには色情報もYUVレンジのフラグも付与されていなかったが、
[[2017/3/23のメンテナンス:http://blog.nicovideo.jp/niconews/13865.html]]後からは[[以下の情報が付与されるようになった:http://dic.nicovideo.jp/b/a/1.5gb%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C/1861-#1866]]。([[MediaInfo:https://mediaarea.net/ja/MediaInfo]]で調べた結果)
|CENTER:|CENTER:|c
|設定項目|設定値|h
|colour_range|Limited|
|colour_primaries|BT.709|
|transfer_characteristics|BT.709|
|matrix_coefficients|BT.709|
-- これらのフラグが付与されることにより、再エンコードされた動画は「リミテッドレンジのBT.709」として扱われることになる。
-- 元動画にcolour_rangeとmatrix_coefficientsの情報がある場合は、[[それを元にして「リミテッドレンジのBT.709」への色変換が行われる。:http://dic.nicovideo.jp/b/a/1.5gb%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C/1861-#1867]]
-- 元動画にcolour_rangeとmatrix_coefficientsの情報が無い場合は特に色変換の処理は行われない。
-- ''投稿動画を作成する際には「リミテッドレンジのBT.709」として出力し、matrix_coefficientsにBT.709を設定しておくことが望ましい。''
AviUtlであれば「色変換の設定」の「出力」をBT.709にして、x264guiExのオプションで--colormatrix bt709をつける。
-- 上に書いたように再エンコードされた動画は、付与されたフラグにより「リミテッドレンジのBT.709」として扱われるのだが、
''[[正しい色で再生されるかどうかは使用するGPUやブラウザなどの環境に依存する。:http://dic.nicovideo.jp/b/a/1.5gb%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C/1861-#1868]]''
中にはフラグを無視してBT.601で扱う環境などもあるので、その場合は元々の色とは異なる色で再生されてしまうことになる。

-XviD(.avi .mp4)
--Divx形式とほとんど同じフォーマット。非常に高速なエンコードが可能。希にバグも。
--中間出力(例:他の形式→Xvid→VP6)などにもよく使われる。
*** 音質について [#s8a594a1]

-Windows Media Video(.wmv)
--マイクロソフト社の独自の圧縮形式。高圧縮・高画質だが、扱いが難しいので注意。
--ニコニコ動画にアップロードする場合、可変フレームレート(VFR)の動画はかなりの確率で音ズレする。
---wmvでニコニコ向け動画を出力するときは、必ず固定フレームレート(CFR)にすること。
- 再エンコードの音質クラスについて
上で述べた通り、ユーザーが投稿した動画の音声は必ずサーバー側で[[AAC:https://ja.wikipedia.org/wiki/AAC]]で再エンコードされる。
音声の再エンコードでは、''「高音質」「低音質」''の最大2種類が生成される。
このうち「低音質」はかならず生成されるが、「高音質」は以下の条件に当てはまる場合のみ生成される。

-huffyuv
--無圧縮aviの品質を劣化させずに容量を半分くらいにする(ロスレス)。
--動画キャプチャ、映像作成の中間出力によく使われる。
||CENTER:|c
||ビットレート|h
|高音質|90kbps以上|

-MPEG1,MPEG2(.mpg .m2v)
--家電なんかだと現役だが圧縮効率では時代遅れ。エンコードは速い。
--TVやDVDからの入力時とDVDビデオの製作時しか使われない。あとHDVぐらいか。
- 各音質の詳細
-- 高音質
--- あらかじめ用意された''192kbpsまたは128kbps''のプリセットから、元音声のビットレートに最も近いビットレートで再エンコードされる。
-- 低音質
--- ''64kbps''で再エンコードされる。

-WebM/VP8(.webm)
--On2 VP6の後継コーデックである。On2社及びOn2社を買収したGoogleにより開発された。
--WebM規格の動画コーデックに採用されている。
--ニコニコ動画はWebM動画をサポートしていないため、ニコ動向け動画で使用する機会は今のところ全くない。
---もしニコニコが全面的にHTML5に対応した場合やFlash PlayerがWebMに対応した場合、使う機会が出てくるかもしれない。
- 最終的にエンコードされる音質の一覧(音質プリセット)
※分類としては64/128/192kbpsなのだが、実際の再エンコードビットレートにはバラつきがあり、
 192kbpsプリセットの場合でも200kbpsを超えるビットレートになったりするケースがある。
※一般会員の[[低画質モード:http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%BD%8E%E7%94%BB%E8%B3%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89]]時には「低音質」が使われる。
||CENTER:|c
||ビットレート|h
|高音質|192kbps, 128kbpsのいずれか|
|低音質|64kbps|

**音声 [#dc4e6d06]
- 音声チャンネルについて
-- [[公式の投稿仕様:http://qa.nicovideo.jp/faq/show/5685]]には「最大5.1ch」での投稿が可能とあるが、''[[再エンコードでは2chにダウンミックス(LFEは消える)される。:http://dic.nicovideo.jp/b/a/1.5gb%E5%86%8D%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E5%95%8F%E9%A1%8C/1921-#1949]]''

-MPEG Audio Layer-3(.mp3)
--最も扱いやすく、汎用性の高い音声コーデック。
--FLVコンテナの音声に採用されている。
- ノーマライズや高周波カットについて
-- 再エンコードでは[[ノーマライズや高周波のカットは行っていない:https://games.app-liv.jp/archives/356462]]とのこと。
-- 2020/01/29に導入された[[ラウドネスノーマライゼーション(自動音量調整機能):https://ch.nicovideo.jp/nicotalk/blomaga/ar1848078]]も、調整するのは''再生時のみ''であり、動画自体のノーマライズは行わない。

-AAC(.mp4 .m4a .m4b .m4p .3gp .3g2 .aac)
--主にAAC-LCとHE-AACがある。
--MP4コンテナの音声に採用されている。
--高圧縮&高音質なので、地デジの音声などにも使われている。
*** その他 [#ac60a8b4]
- 新投稿システムによって再エンコードされた動画は、一般会員でもまだダウンロードしていない領域へのシークが可能になる(PC版のみ)。
- 2016/8/18の新仕様開始当初はtwitterや一部まとめサイトにおいて「再エンコード後のサイズがかならず100MB以下になる」
「100MB以下は再エンコードされない」といった噂が散見されたが、完全なデマである。
- 可変フレームレート(VFR)の場合、元動画のフレームレートにかかわらず30fpsで再エンコードされる。
- 新仕様では、4K・8K動画や800Mbps動画(動画長1秒で100MBを消費する)といった実験的な動画を、視聴者にそのまま配信することはできなくなった。
-- 動画ファイル共有サービスではなく、映像ストリーミングサービスになったとも言える。
- 旧仕様で使われていたSMILEサーバーは、2016/8/18にDMCサーバーの運用が開始された後も、平行して運用されていた。
当時のSMILEサーバーは旧仕様のプレミアム会員基準に近い形で運用されており、
100MB以内で投稿すれば、元動画がそのままSMILEサーバーに格納されていた。
SMILEサーバーに格納された元動画は公式プレーヤーで見ることはできないが、
SMILEサーバーにアクセスできる[[zenzawatch:http://dic.nicovideo.jp/id/5389249]]などを使えば、投稿したままの元動画を見ることも可能となっていた。
しかし、2018/6/28の[[ニコニコ動画(く):http://blog.nicovideo.jp/niconews/77168.html]]開始に伴い、''SMILEサーバーへの元動画の格納は廃止された。''(参考ツイート:[[1:https://twitter.com/nico_nico_talk/status/1004290141530173440]] [[2:https://twitter.com/nico_nico_talk/status/1004290142696116224]]  [[3:https://twitter.com/nico_nico_talk/status/1004290143820267520]])
>【お知らせ/動画/ユーザー製プレーヤーをご利用の皆様へ】
ユーザー製プレーヤーで動画をご視聴の皆様にお知らせいたします。
2007年から稼動しておりました旧配信システム(SMILEVIDEO)について、新配信システムが稼動開始したのちも
並行稼動させておりましたが、6月28日以後は、新規投稿動画は旧配信システムに登録されなくなります。
それに伴い、ユーザー製動画プレーヤーで「旧配信システムから動画を取得する」モードをご利用の場合でも、
6月28日以降に投稿された動画にアクセスした場合、新配信システムで再エンコードされた動画が再生されます。
※ この変更はユーザー製動画プレーヤーなど、旧配信システムを利用している動画プレーヤーをご使用の方以外には影響ありません。
※ すでに投稿されている動画は、引き続き旧配信システムからご視聴いただけます。

-Vorbis(.ogg .oga .ogx)
--パテント(ライセンス料)フリーのコーデックで、MP3より音質が高いといわれている。
--ちなみに、Oggは音声や動画を格納するコンテナでコーデックではない。
--今のところFlash Playerで再生できないのでニコニコ動画のエンコードなどでは使わない。
---将来ニコニコ動画がWebMに対応するようなことがあれば使う機会もあるかもしれない。
- 再エンコードされた動画のキーフレーム間隔は当初は1秒となっていたが、2018/6/28の[[ニコニコ動画(く):http://blog.nicovideo.jp/niconews/77168.html]]開始に伴い、[[2秒に変更された。:https://twitter.com/nico_nico_talk/status/1012247527465209857]]

-Windows Media Audio(.wma)
--マイクロソフト社の独自の音声圧縮形式。MP3より音質がいいとされている。

**変換設定による画質の違い[#cfcff8de]
以上のように、SMILEVIDEOには色々なコーデックの動画をアップロードすることができますが、それぞれ品質に大きな違いがあります。また、同じコーデックでも変換設定をちょっといじるだけで画質がかなり変わります。

''◇変換前の動画''
映像 848x480 24Bit AVC/H.264 29.97fps 5630f 1551.11kb/s
音声 MPEG4-AAC 44.10kHz 16Bit 2ch 120.41kb/s

''◇コーデックと画質''
-共通設定
映像 512x288 24Bit 29.97fps 5630f 600kbps 2pass
音声 44.1kHz 16Bit 128kbps 1pass
-各設定と結果
--映像H.263 音声MP3 (FLV1enc_D&Dの初期設定)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3200086
--映像On2VP6 音声MP3 (VP62 2passBESTの初期設定)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3199960
--映像AVC/H.264 音声AAC-LC (x264guiのniconicoSP1設定)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3200115
-考察
--総合的な画質
H.264>>VP6>>>>>H.263
--変換設定の正確さ
H.264>H.263>>>>VP6
--変換の速さ
H.264≒H.263>>>VP6
-結論
やはり''H.264強し''。VP6は、時間もかかるうえに、設定と結果が大きくずれるのが大変不便。でも、VP6も粘れば良くなる可能性は十分ある。低ビットレート時や、素材によってはH.264よりもVP6やH.263の方が優れる場合もある(低ビットレートの静止画ではVP6が有利)。

----

*エンコード [#s32827d6]
*かつての仕様および過去に行われた変更 [#f5y3j2tb]

**低画質エンコード [#j152510e]
ニコニコ動画用に最適化した動画ファイルを用意せず、サーバにエンコードやリサイズを任せる方法です。「PC初心者でもわかりやすい」「作業が速い」「40分や90分といった長時間動画の投稿も可能」という長所はありますが、画質ではどうしても劣ります。
削除しました。知りたい方はバックアップを参照して下さい。

+投稿する動画を用意します。
+動画のアスペクト比(縦と横の比)が、4:3か16:9かを調べます。調べるには「AVIcodec」や「真空波動研」などを使うといいです。もしもこれ以外のアスペクト比だった場合は、拡大縮小とかアスペクト比とか黒べたとかメモを参考に、動画サイズを変更して下さい。
+SMILEVIDEOの「動画の新規アップロード」ページを開いて、投稿する動画と、そのアスペクト比を選択して、投稿ボタンを押します。
+SMILEVIDEOのサーバー側でエンコードされるので、しばらく待ちましょう。サーバーの混み具合、及び動画の容量によっては、エンコードに1時間以上かかることもあります。何らかのエラーが発生したら、まず質問する前に真空波動研などで動画が対応形式かどうか、ちゃんと調べて下さい。2回以上アップロードに失敗し、しかもエラーの原因がどうしても分からない場合は、動画の詳細情報を書いて、どこかの質問掲示板に聞いて下さい。
+動画情報を入力し、ニコニコ動画のプレイヤーで正常に再生できれば成功です。
//一部の記述が残っていましたが、あまり意味が無いので「バックアップを参照して下さい」と明記した上で削除しました。(2018/04/30)

**中画質~高画質エンコード [#qb883e73]
-[[エンコード設定(中画質~高画質)]]
--[[AviUtlを使ったMP4 (H.264) エンコード>aviutl_h264]]
--[[AviUtlを使ったVP6 2pass>aviutlを使ったVP6 2pass]]
//このあたりの古い記述はあっても紛らわしいと思うので差し戻しせず。問題があったらバックアップから復元をお願いします(2017/10/08)。
----

**YouTube動画の転載 [#n7c31811]
-転載投稿の場合は動画の説明欄や投稿者コメントに「転載です」などと書き添えるのが望ましい。
--元アドレスの動画ID(v=を含めた&までの文字列 v=071JXa-SM00 など)を動画説明に書くとなおよい。
-一部のYouTubeの動画ファイルは、そのままではニコニコ動画にアップできない場合がある。
--fmt=34(標準画質、360p)、fmt=35(高画質、480p)の動画は、映像はH.264、音声はAACであるがコンテナがFLVコンテナ(.flv)であるため、ニコニコ動画にそのままアップロードすることはできない。
---fmt=34,35の動画でも、映像と音声を抽出しMP4コンテナに格納すれば、エンコードしなおさずにアップロードすることができる。
--Apple TVやiPhone、iPod touch向けであるfmt=18の動画は、MP4コンテナ(.mp4)であるためビットレートや容量制限に引っかからなければそのままアップできる。ただしfmt=18はH.264のプロファイルがBaseline(携帯端末など向けの低負荷設定)であるため、fmt=34にくらべ若干画質は劣り、また2010年以前の16:9の動画は解像度が低いことも。
--fmt=5のFLV動画は、ニコニコで対応しているH.263とMP3の組み合わせであるため、再エンコされることはない。ただし元から再エンコ動画並の画質であるため(ry
--ニコニコはYouTubeのように視聴者が自由に画質を選べず、素の動画かエコノミー動画かしか選べないので、プレミアムだからといってHD動画(fmt=22やfmt=37)を転載するのは避けること。
-YouTube動画の保存は[[視聴に便利なツールやサイト]]などを参照のこと。
//YouTubeの度重なる仕様変更により、加筆修正。でも今まであった文章を消す勇気はないのでコメントで残しておきます
//-保存したflvをそのままアップすると低画質になる。でも画質にこだわらない動画ならこのままでも大丈夫。転載投稿の場合は投稿者コメントに「転載です」などと書き添えるのが望ましい。
//※元アドレスの動画ID(v=を含めた&までの文字列 v=071JXa-SM00 など)を動画説明に書くとなおよい
//-YouTube動画の保存は[[視聴に便利なツールやサイト]]などを参照のこと。
*コーデック [#a2832fea]
一般的なコーデックやかつて広く使われていたコーデックの紹介です。動画編集時に便利なコーデックなどもあります。 &br;
なお、ニコニコ動画向けに動画をエンコードするだけであれば、「H.264/AVC」「AAC」だけを覚えておけば大丈夫です。
**映像 [#ybf5f902]
-H.264/AVC(.mp4)
--MP4コンテナでニコニコ動画にアップできる(制限あり)。
--携帯サイズからスーパーハイビジョンにまで対応している注目のフォーマット。VP6よりも高圧縮で高画質が望める。
--ニコ動で最も一般的な形式。
--ニコニコ動画がH.264に対応した当初は再生負荷が高く、重いと言われていたが、それはもう10年以上も前の話。CPUのスペックが全体的に上がり、当たり前のようにGPUの再生支援が利くようになった%%そして全動画が再エンコードされるようになった%%現在では重さはそこまで気にしなくてもよい。

**エンコードの練習によさげなサンプル動画 [#i08adc55]
-[[あなたが作る侍道3CM大賞2>https://www.spike.co.jp/cm/sozai.html]]
[[http://www.samurai3.jp/images/cm.gif>https://www.spike.co.jp/cm/]]
-H.265/HEVC(.mp4)
--H.264の後継規格であり、圧縮率はH.264の2倍。携帯向け動画から、スーパーハイビジョンや8K4Kにまで幅広く対応する。
--2013年1月に標準規格化された。
--2017年あたりからスマホの動画撮影機能で広く使われ始めている。
--ニコニコ動画では2014年頃に低画質モードやスマホ向け動画をH.265化する計画があったようだが、2019年現在になっても導入されたという話は聞かない。
---そもそも、H.265には特許問題(複数の団体に特許使用料を払わなければいけない)があるため、他の動画配信サービスでもH.265を導入していない所が多かったりするが。

-[[無料で使える著作権フリー動画素材 自然>http://freesozai.jp/movie/]]
[[http://freesozai.jp/img/top_img.png>http://freesozai.jp/]]
著作権フリーの動画。実写による川の流れを撮影。
-H.266/VVC、MPEG-5 EVC(.mp4?)
--どちらもH.265/HEVCの後継規格。VVCの方はHEVCの2倍、EVCはHEVCと同等の圧縮率を目指す。
--HEVCが特許問題でシェアがあまり広がらなかったため、その反省が生かされている。
---VVCは特許管理団体を一本化する等の対策が取られ、EVCは枯れた技術を主に使いライセンス料を廉価(プロファイルによっては無料)とする、らしい。
--%%後述するAV1に対抗するため%%かなりのスピードで開発・規格化が進められており、どちらも2020年には標準規格化される予定。

-[[NASA High Definition Video>http://www.nasa.gov/multimedia/hd/]]
NASA提供のHD動画。スペースシャトル打ち上げや宇宙での船外活動の動画があります。
-Sorenson H.263(.flv)
--ニコニコ動画が旧仕様の時、FLVコンテナにて再エンコードなしでアップロードできた。
--ニコニコ動画黎明期にYouTubeで一般的だった形式。
--VP6よりも速くエンコードでき、再生負荷も低い(軽い)が、かなり動きに弱く、圧縮効率もOn2VP6に比べ低い(H.264とは比較するまでもない)。
--H.264が一般化した今、使うメリットは全く無い。

-[[Microsoft Windows Media Player : WMV 高精細コンテンツ ショーケース>http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/musicandvideo/hdvideo/contentshowcase.aspx]]
マイクロソフト提供のHD動画。色々あります。
-On2 VP6(.flv)
--ニコニコ動画が旧仕様の時、FLVコンテナにて再エンコードなしでアップロードできた。
--ニコ動のサービス開始当初、最も一般的な形式だった。
--H.263よりも動きに強く、H.264よりも再生負荷が低い。
--ただ、他のコーデックよりもエンコード時間がかなり長い。
--解像度によってはエンコードに失敗することがある(エンコーダーにもよるが、16の倍数以外の解像度は危ない)。
--H.264が一般化した今、VP6も使うメリットは全く無い。

-[[Xiph.org Test Media>http://media.xiph.org/]]
TheoraやVorbisを開発しているXiph.orgのテスト用素材置き場。[[ElephantDream>http://www.elephantsdream.org/]]や[[BigBuckBunny>http://www.bigbuckbunny.org/]]の無劣化素材(連番PNG&FLAC)もあります。
これに手を出すようなら、あなたも立派なエンコ廃人です。
----
-Divx(.divx .div .avi)
--広く普及していた高画質・高圧縮フォーマット。かつてのStage6の動画の形式。現在は中身がほぼH.264になってたりとニコニコ動画黎明期のDivxとは別物になっている…らしい。

*100MBと40MBで使用できるビットレート早見表 [#h2f049a1]
**基礎情報 [#q94f50cb]
-コンピュータは2進数で計算を行うのでデータの大きさの単位の位を2の累乗で区切るほうが都合がよいため、1000に近く、またきりのよい2の10乗 (=1024) ごとに位を変えるのが一般的です((1024ごとに単位が繰り上がる際につける文字のことを[[2進接頭辞>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%80%B2%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E]]といい、正確にはKiB(キビバイト), MiB(メビバイト)のように i を付して[[SI接頭辞>http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E]]との混同を避けるべきですが、2進接頭辞はデータの大きさを表すときくらいにしか使わず、またWINDOWSでは2進接頭辞で容量を表示することが一般的であるため上記のような表記をする慣習になっています(SI接頭辞で1000を表す「キロ」は小文字「k」ですが2進接頭辞は大文字「K」を使います。M以上での区別はありません)。))。以下の一覧では、バイトをB、ビットをbと表記しています。
--1 B = 8 b
--1 KB = 1,024 B
--1 MB = 1,024 KB = 1,048,576 B
--1 GB = 1,024 MB = 1,048,576 KB = 1,073,741,824 B
--1 TB = 1,024 GB = 1,048,576 MB = 1,073,741,824 KB = 1,099,511,627,776 B
-XviD(.avi .mp4)
--旧Divx形式とほとんど同じフォーマット。非常に高速なエンコードが可能。希にバグも。
--中間出力(例:他の形式→Xvid→VP6)などにもよく使われた。

-ビットレートはbps (bits per second) という単位で表される、データ転送効率のことです。通信の世界では1バイトが8ビットとは限らず、またビットレートが1秒間にある地点を通過したビットの個数と定義されていることから、ビットにSI接頭辞を用いて位をとるのが一般的です(つまり1000ごとに単位が繰り上がります)。動画でもこの慣習にのっとってSI接頭辞で位とりをします。ダウンロードなどで1秒間にどれだけのデータを受信したかを表す際にバイトと2進接頭辞を用いて位をとる(500KB/sみたいな)ことがありますが、その場合、通常はコンピュータ内部で実際に処理されるデータの量をあらわし、ネットワークの速度とは意味合いが違うので注意が必要です。ビットレートはニコニコ動画へのエンコード設定で嫌でも取り扱う単位ですので、よく覚えておきましょう。
-Windows Media Video(.wmv)
--マイクロソフト社の独自の圧縮形式。高圧縮・高画質だが、扱いが難しいので注意。
--H.264(MP4)での投稿が一般的になった今、ニコニコ動画向けの動画で使う人はもういないと思われる。
---かつては画質を気にしない人がWindowsムービーメーカーで動画を作り、ニコ動にエンコを任せてお手軽に動画をアップロードするために使われていた。ただ、ムービーメーカーは出力時の初期設定が可変フレームレート(VFR)のためニコ動で再エンコ時に音ズレが発生してしまい(※当時の話)、それを回避するために固定フレームレート(CFR)で出力するには特殊な設定を行わないといけないなど、意外と面倒くさかった。

**計算 [#v08c93c4]
-ビットレート計算式
''ビットレート[bps] = ファイルサイズ[Bytes] × 8 ÷ 再生時間[秒(小数点以下切り捨て)]''
-huffyuv
--無圧縮aviの品質を劣化させずに容量を半分くらいにする(ロスレス)。
--動画キャプチャ、映像作成の中間出力によく使われる。

--ファイルサイズ[Bytes]
作成したFLVファイル、又はMP4ファイルのサイズです。単位はバイトです。Windowsならば、ファイルの右クリックメニューから「プロパティ」を選択し、「サイズ」のところの()括弧内の(~バイト)と表示されている部分の数字を使います。「ディスク上のサイズ」のほうではありませんので注意しましょう。
-Ut Video Codec Suite
--国産の可逆圧縮(ロスレス)コーデック。ちなみに開発者はニコニコ動画ユーザー(ニコマスP)である。
--huffyuyと同じく、動画キャプチャや中間出力で使われる。
--YUVのほか、色情報が劣化しないRGB、アルファチャンネルが扱えるRGBAにも対応。

--再生時間[秒(小数点以下切り捨て)]
動画の再生時間です。単位は秒です。小数点以下は切り捨てて計算します。
-MPEG1,MPEG2(.mpg .m2v)
--DVDや地デジ・BS放送など、家電では現役だが圧縮効率では時代遅れ。エンコードは速い。
--TVやDVDからの入力時とDVDビデオの製作時しか使われない。あとHDVぐらいか。

-ファイルサイズや再生時間などを調べるのは[[真空波動研>http://www.kurohane.net/seisanbutu.html]]が便利です((いくつか種類がありますが基本的には「真空波動研SuperLite」でOKだと思います。後は好みで。))。
-VP8/VP9(.webm)
--Googleにより開発されたパテントフリーのコーデック。Googleが買収したOn2社の技術がベースになっていたため、On2 VP6の後継コーデックとも言える。
--現在のYouTubeの主力形式。特に4K動画ではH.264の利用を終了しVP9のみが使われるようになっている。
--VP8が最初に開発され、次にVP9が開発された。現在はVP9が主流になっている。
--VP8はH.264、VP9はH.265と同等の圧縮率を目指して開発が行われている。
--ニコニコ動画はWebM動画をサポートしていないため、VP8・VP9のどちらもニコ動向け動画で使用する機会は今のところ全くない。

**上限ビットレートとエコノミー回避ビットレートについて [#a2cdc829]
-ニコニコ動画では、以下のような計算式で上限ビットレートやエコノミー回避ビットレートを判定しているものと思われます((「ビットレートの計算なのに1000じゃなくて1024なんて数字使ってるのはおかしい!」というツッコミもあると思いますが、実際にアップロードしてみた検証結果からもっともらしい計算式を推定するとこんな感じになるので仕方ない。))。
-AOMedia Video 1(.webm?)
--次世代の標準コーデックを目指し開発された最新コーデック。通称はAV1。VP9の後継にあたる。
--H.265が特許やら権利やらが複雑なので、「パテントフリーのすごいコーデックを作ろうぜ!」という触れ込みで立ち上がった共同事業体、Alliance for Open Media(AOM)が開発/規格化を手掛けている。Google、Appleの他、半導体メーカー(Intel、AMD、Nvidia、ARM等)、動画配信サービスを持つ会社(Amazon、Netflix、Hulu等)、ソフトウェア系の会社や団体(Adobe、Microsoft、Mozilla等)などが参加している。
--かつてなく高い圧縮効率(VP9やH.265と比較して50%向上)を目指している。2018年の時点でもVP9と比較して20%以上、H.265と比較して30%以上の圧縮率向上が図られている。
--2018年3月に仕様が公開され、YouTubeでは2018年9月から実験的ながら使用が開始されている。
--ニコニコ動画ではドワンゴの技術者がハードウェアエンコーダを制作したり等動きはあるが、実際に導入されるかどうかは不明。

--上限ビットレート
---プレミアム会員
(1024+1)×1024=1049600[bps] 
---一般会員
(640+1)×1024=656384[bps] 
**音声 [#dc4e6d06]

--エコノミー回避ビットレート
---FLV 
306×1024=313344[bps] 
---MP4 
%%240×1024=245760[bps]%%
305×1024=312320[bps] 
※2011年1月頃にビットレートが引き上げられたようです。
-MPEG Audio Layer-3(.mp3)
--高ビットレート帯で威力を発揮する。
--かなり扱いやすく汎用性の高い反面、著作権保護機能がない。
--FLVコンテナの音声に採用されている。
--2017年の4月23日に特許権のライセンスが終了した。

**40MBで使用できるビットレート(一般会員上限) [#v89e6317]
 08分31秒: 656,384[bps]ビットレート限界 656kbps(一般会員上限)
 09分00秒: 621,378[bps]
 10分00秒: 559,240[bps]目安 : 映像400k・音声128k ステレオ(実写はこのくらい欲しいところ)
 15分00秒: 372,827[bps]
 17分00秒: 328,965[bps]音声320kbpsで上げる際の上限 (映像0.5kbps程度)
 17分54秒: 312,309[bps]これ以下はVP6・H.264エコノミー回避
 20分00秒: 279,620[bps]
 22分45秒: 245,820[bps]
 25分00秒: 223,696[bps]目安 : 映像130k・音声 64k モノラル(24fpsのアニメなら見れるレベル)
 30分00秒: 186,414[bps]
 40分00秒: 139,810[bps]ここまで落とすならFLVにせずWMV以外のAVI系コーデックで100MBにエンコードしてアップした方が良い
 50分00秒: 111,848[bps]
 60分00秒:  93,207[bps]
-AAC(.mp4 .m4a .m4b .m4p .3gp .3g2 .aac)
--主にAAC-LCとHE-AACがある。HE-AACは低ビットレート向け。
--MP4コンテナの音声に採用されている。
--高圧縮&高音質なので、地デジの音声などにも使われている。

**100MBで使用できるビットレート(プレミアム会員上限) [#e79a17ed]
 00分30秒:27962,000[bps]
 01分00秒:13981,000[bps]
 01分30秒: 9320,666[bps]
 05分00秒: 2796,200[bps]
 10分00秒: 1398,100[bps]
 13分20秒: 1048,576[bps]ビットレート限界 1049kbps(旧プレミアム会員上限)
 13分39秒: 1024,250[bps]1000kbps(旧プレミアム会員公式上限)
 15分00秒:  932,067[bps]
 16分30秒:  847,332[bps]828kbps(旧の旧プレミアム会員上限)
 20分00秒:  699,050[bps]
 25分00秒:  559,240[bps]
 30分00秒:  466,033[bps]
 40分00秒:  349,525[bps]
 44分46秒:  312,309[bps]これ以下はVP6・H.264エコノミー回避
 50分00秒:  279,620[bps]
 56分51秒:  245,928[bps]
 60分00秒:  233,016[bps]
-Vorbis(.ogg .oga .ogx)
--パテント(ライセンス料)フリーのコーデックで、MP3より音質が高いといわれている。
--ちなみに、Oggは音声や動画を格納するコンテナでコーデックではない。

//40MB一般上限の値だけ「656384bps=656kbps」になってるのに、他が全部間違ってる気がしたんだが、これって全部気づかず計算ミスったのが書かれたのか?
//http://nicowiki.com/?cmd=backup&page=%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E8%A8%AD%E5%AE%9A&age=102&action=nowdiff
//プレミアム上限が1074176[bps]なのか1049[kbps]なのか知りたいだけなんだけど。
-Opus (.opus)
--パテント(ライセンス料)フリーのコーデックで、MP3や前述のVorbis、そしてなんとAAC(HE-AAC含む)より音質が高いといわれている。
--さらに再生遅延も少ない。
--YouTubeでは、今まで使われていたaacをじわじわと置き換え始めている。

-メドレーや紙芝居なら、映像30kbps・音声64kbpsでもいけると思います。
-Windows Media Audio(.wma)
--マイクロソフト社の独自の音声圧縮形式。MP3より音質がいいとされている。

-[[こちら>http://age.s22.xrea.com/mp4/bitrate.html]]も参考にしてみましょう。ニコニコ動画用のビットレート計算ができます。
-Free Lossless Audio Codec(.flac/.fla)
--フリーの可逆圧縮コーデック。中間出力の他MKVコンテナの動画で音声ストリームに使われることも。
--ハイレゾ音源の配信で広く使われている。

-Windows上で表示される40MBというのが本当は41,943,040 Bytes (=40.00 MiB) であることに注意。ニコニコ動画では41,943,040 Bytesまでのファイルがアップロードできます。FLV以外のファイルは100MB (104,857,600 Bytes) まで?(100MBの方の制限は未確定。WMVやAVIで130MBまでアップできたという報告あり)MP4は104,853,504Byteまで投稿可能です。正確にはWindows上で100MBと認識されないものが投稿可能(104,853,505Bから100MBと認識される)。
-MPEG-4 ALS(.mp4 .als)
--フリーの可逆圧縮コーデック。
--MP4コンテナの音声に使用可能。

----
//この辺も実態に即していない感じがするため差し戻しせず(2017/10/08)。

*アスペクト比や拡大縮小、黒べた等について [#lcee5f05]
**使用フィルタ [#la9d93a9]
-[[Lanczos 3-lobed 拡大縮小>http://www.marumo.ne.jp/auf/#lanczos3]]
-[[ResizeFilter>http://hp.vector.co.jp/authors/VA048984/ResizeFilter.html]]
-[[GPU リサイズフィルタ>http://www.geocities.jp/mosd7500/aviu.html]]
-[[黒べた追加フィルタ beta.zip>http://cwaweb.bai.ne.jp/~icchan/file/plugins/]]

**サイズ設定について [#s757637b]
-4:3(1280x960、640x480、480x360、320x240、等)
512x384にリサイズ。
-3:2(720x480)
画面の左右合計16ドット(左8、右8等)をクリッピング(クロップ=カット)して、704x480にしてから512x384にリサイズする。
-15:9 (640x384、512x308、等)
512x308にリサイズ後上下に38ビットずつ追加。
640x384にリサイズでも良い。ただしこの場合サムネの上下が縮む。
-16:9(1920x1080、1280x720、704x396、352x198、等)
640x360にリサイズ。
-16:9(720x480・スクイーズ)
画面の左右合計16ドット(左8、右8等)をクリッピング(クロップ=カット)して、704x480にしてから640x360 にリサイズする。
-16:10 (1920x1200 1680x1050等)
512x320にリサイズ後上下に32ドットずつ追加。
もしくは640x400にリサイズ。
//もっといい方法があったら追記お願いします
-その他のサイズ
--704x576 ⇒ 469x384+左右黒べた
--676x250 ⇒ 640x236+上下74ドットずつ黒べた=640x360
--640x352 ⇒ 640x352+上下16ドットずつ黒べた=640x360
--640x272 ⇒ 640x272+上下56ドットずつ黒べた=640x360
//上の奴アス比あってるかわかりません!!確認よろしくです。

**補足 [#mb8c5b74]
-アスペクト比は、VirtualDub等は自動で計算してくれます(AviUtlは自動計算してくれません)。
-512x384にせず、あえて504x378+上下左右に黒べたにしたり、496x372+上下左右に黒べたにすることもあります。これにはサイズを削ることができる他(と言っても1割程度の違い)、絵を小さくすることでビットレートを変えずに画質を高めることができるからです。ニコニコ動画では黒べたをつけるとコメントが映えるという効果もあります。
-元動画のアスペクト比が狂っていて修正したいが、どうにも比率がわからないって場合は自分の目を信じて調整です(太陽や月など真円の出る場面で調整するのが良いようです)。
-RC移行前後から512x384でアップロードしても左右16ピクセル位の黒ベタが表示上付くようになりましたが、表示範囲の拡大にはならないようです(黒ベタと言うよりただの境界領域なので544x384でアップしても左右に黒ベタが付く)。
-正確には動画の再生時に縦と横のサイズを読み取り、アスペクト比を変更せず512x384の中で最も大きく表示するようになっています。そのため、512x320や448x384のような動画も、一辺が最大長なので変に拡大されることはありません。
--あらかじめFLV等に変換してある場合は、アップロード時のアスペクト比の設定は再生に関して影響を与えません。アスペクト比設定は、低画質モードの再エンコと、生成されるサムネイルに影響を与えます。黒ベタを付けても付けなくても投稿する動画の比率が4:3なら常に4:3を選択しましょう。16:9を選ぶのは512:288の動画をアップロードする時のみです。また、どちらでもない場合は近い方を選んでおくと良いでしょう。
--512x384より狭い動画を一辺だけが最大長になるように仕上げることで、一度に処理するドット数が減り、動画の作成にかかる時間を減らし、再生の負荷を減らす(カクカクしづらい動画にする)ことができます。
---例えば512x320のままなら、(縦の384-320=)64×512ドット分だけ処理が軽くなります。
---例えば496x372の動画は、横の16ドット分 (496+16=512) か縦の12ドット分 (372+12=384) のどちらかだけ黒ベタを足せば、残る辺のドット分だけ処理が軽くなります。
---以下ニコニコ大百科から引用(URL:http://dic.nicovideo.jp/a/16%3A9%E6%8E%A8%E5%A5%A8#)
---うp主のための情報
---推奨動画フォーマットは「512×384(4:3)または512×288(16:9)」とされてきた。(ββ)から制限が緩和され、800×600以内の動画も投稿可能となった。ただし、動画表示領域のピクセル数は512×384(4:3)固定のままであったため、ピクセル数やアスペクト比にかかわらず、プレイヤー側で横512ピクセルに収めていた。上下方向が合わない場合には黒帯が挿入される、いわゆるレターボックス表示となっていた。
---新プレイヤー(2010年7月7日試験導入開始、7月14日一般ユーザーにも公開)からアスペクト比がある程度自動的に判別され、動画が16:9の場合には動画表示領域が640×384に拡張されるようになった(このピクセル数の正確な比率は15:9だが、16:9も収まる)。
---このため、うp主側としては選択肢が広がった。元の素材の関係や、画像編集ソフト・エンコーダの都合もあるので、640×384(15:9)という設定が通らない可能性がある。その場合は640×360(16:9)で投稿することとなる。より容量を使っても構わない場合、800×450(16:9)で投稿することができる。ただし800×450で投稿した場合、視聴者が手動で16:9表示に切り替える必要がある。
//ちょっと汚い張り方かも知れません。張るに伴い、上を修正。

----

*コメント [#p9d75fe8]
報告などもこちらに投稿してください。
エンコの質問はこっちを見てから→[[エンコード設定あるある質問箱]]
こちらも参考にどうぞ→[[エンコード系質問?を適当に集めた所:http://nicowiki.com/EncodeQA.html]]

#pcomment(コメント/エンコード設定,15,below)

----

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS  ニコニコ関連記事のRSS 
Site admin: takechan
Powered by はてなウェブサービス SimpleAPI