スポンサード リンク

コマンド一覧

[edit]

タグ



[edit]

タグの基本

タグとは、同じタグに含まれる動画をグループにまとめ、ユーザーを関連する動画に誘導するためのもの。よって他の動画ですでに使われているタグを入れる(または、複数の動画へ一度に同じタグを入れる)ことで意味を持つ。
つまり、タグを入れるメリットは「他の動画からその動画が見つかりやすくなる」ことにある。
動画によってはタグがユーザーのメモ帳のように使われていることがあるが、動画登録数の多いタグを壊してまでメモに使えば検索性が下がり、動画は見つかりづらくなる。

[edit]

タグの実践

気に入った動画を見つけ、その動画を応援したいと思ったなら、タグを見直してあげるのも立派な支援になる。まだ入力数上限の10までタグが埋まっていないのなら、その動画にウソでない程度に関連のありそうなタグを入れておくといい。特に、カテゴリタグがまだ入っていなかったり、壊されたりしていないかは気をつけたほうがいい。

タグには何を書いてもよい。
2007年12月現在、「突っ込みどころ満載」「孔明の罠」などのおすすめのタグがトップページに表示されているし、「注目のタグ」には他の動画で使われているたくさんのタグが表示される。動画を見ていれば、その分野の動画にどんなタグが埋まっているのかもだいたい分かるだろう。
タグにこれらを書くのもよいし、これらとまったく関係のないタグを自作しても構わない。自作したタグの内容は、20文字以内という制限さえ守っていれば「あ」だろうが「これマジすげぇwwwwwwwwうぇwwwww」だろうが別に構わない。問題は、他の人がそのタグを見たとき、タグを壊さず、望ましくは別の動画に埋めてくれるかどうかということにある。他人に賛同されないタグはすぐに壊されるだろう。

タグは他人の入れるタグと同じものを揃えることで意味を強くする。そのため、同じことに複数の言い方が考えられる場合、自分がこう考えるということより、どういう表現で他の動画にタグが埋まっているか、ということのほうが重要になる。
たとえば、「涼宮ハルヒ」「ハルヒ」「涼宮ハルヒの憂鬱」のうち、どの表現をタグとして埋めたら有効なのか? というのは、逐一確認しなければ分からない。

タグに、検索性を度外視していわゆる「上手いこと」を書いておくという遊び方もある。タグに挟まれるユーモアを楽しみにしているユーザーもいるので、それが一概に動画にとってマイナスだとは言えない。
ただし、タグを壊すことは検索性を下げることにつながる。タグを壊す必要があるときは、その前に壊そうとしたタグをクリックして、動画登録数がほとんどない(できれば1の)タグを探すクセをつけて欲しい。外見からは思いも付かないタグに何千と動画が入っていることもあるのだ。

[edit]

動画投稿者とタグ

[edit]

複合語タグの良し悪し

ときどき、よく使われるタグの名前を組み合わせてできた、複合語のタグを見かける。
複合語でできたタグは、ピンポイントに何かを検索するのに面倒が少なく、タグを占領するスペースが少なくて済む代わり、横断検索にまったくかからないというデメリットを抱える。

「じゃあMADとエースコンバットっていうタグも別に埋めたらいんじゃね?」と思うかも知れないが、タグがそんなに空いているかが問題になる。後は他人が3つ並んでいるのを見て、どれから先に壊そうとするかだ。
「MAD エースコンバット」とタグ検索すれば複合語タグはまったくの不要だが、現在のところ、タグ検索にマウス操作だけで別のタグも加えて絞込み検索するインターフェースがついていないので、いちいち検索語を増やす操作をさせるより、複合語タグのほうが直感的に別の動画へたどり着けるとも思える。
また、「エースコンバットMADシリーズ」というタグだけしか入っていないなら、タグの占有量が1で済むという利点も一応ある。とはいえこの例の場合、他の場所に「エースコンバット」というタグぐらいは入っているだろうが。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS  ニコニコ関連記事のRSS 
Site admin: takechan
Powered by はてなウェブサービス SimpleAPI